女性の為の中絶手術白書~妊娠11周目が運命の境目~

先生

増加傾向に

安全に中絶手術を受けるなら評判の良いクリニックで相談しませんか?あなたの体調に合わせて判断してくれますよ。

female

胎児を人工的に母体外に排出させる中絶手術を受けるのは、基本的に経済上や健康上の理由で妊娠・出産の継続ができない場合やレイプなどの性犯罪被害によって妊娠する場合に認められているものです。このように見ると、中絶手術を受ける割合はほとんど少なく、稀に見るケースのように思えるかもしれません。しかし、実際は望まない妊娠に至るケースは非常に多く、中絶手術を受ける女性が多いのが現状です。
実際に日本国内における中絶手術の件数は、年間で約30万件あると言われています。昔と比べると件数は減っていると言われていますが、少子高齢化が進んでいることを考えた上での割合で見てみると、決して少ないものとは言えません。

需要がある中絶手術を行うクリニックは、産婦人科をはじめとする様々なクリニックで対応しています。いずれも、母体のリスクを考えながら安全に胎児を排出させる手術を行うように努められています。
しかし、どのクリニックを選んでも同じような手術が受けられるわけではありません。特に妊娠周期で中絶手術を受けられるかどうかが決められており、妊娠11周目まで対応しているところもあれば、21周目まで対応しているところなどバラバラです。また、クリニックによって医師の経験値や設備の充実度は大きく変わるものなので、自分が納得できる医療サービスが受けられるところを選ぶ必要があるでしょう。
それに中絶手術を受けることを決意して手術に臨むことは、女性にとって精神的・肉体的に大きなダメージを受けることでもあります。ここは、より良いクリニックを選んだ上で妊娠前の体に戻すことを考えていきましょう。

クリニック次第

doctor

中絶手術が受けられるクリニックは、手術内容や設備等がバラバラであり全て実費になるケースがほとんどです。より良い手術を受ける為に、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

詳しくはコチラ